第1ホームページ
    「生活者からのメッセージ」  
 

     第6ホームページ
    「私の職場論」

       −人間中心の職場作り


16 SWOT分析の方法と活用


(1)SWOT分析とは

  強み (Strengths)
  弱み (Weaknesses)
  機会 (Opportunities)
  脅威 (Threats)

 目標を達成するために意思決定を必要としている組織や個人における、評価するのに用いられる分析手法。頭文字を取って、「SWOT」とされた。フォーチュン500のデータを用いて1960年代から70年代にアルバート・ハンフリーにより、発案。当初は、企業などの組織の特徴を分析する手法として開発されたが、それをさまざまな分野に応用するようになった。
 
(2)自己分析・自己理解への応用

 企業分析としてのSWOT分析を自己分析に応用できる。すなわち、自己の「強み」「弱み」「機会」「脅威」を抽出して、自分の将来的な生き方や仕事の仕方を決めることが可能である。


ペー ジトップへ戻る

株式会社ワイズリンク
代表取締役 砂田好正

 

ワイズリンク トップページへ

15 「計画された偶発性」

 

株式会社ワイズリンク 
03−3235−8149
東京都新宿区弁天町43